ブログ(うつ主婦編)

引きこもり女子会@渋谷に行ってきた。

今日は「引きこもりUX会議」という団体主催の引きこもり女子会に参加してきました。

こんな会
http://blog.livedoor.jp/uxkaigi/archives/1059235859.html

7月に開催された第1回目に参加して良かったので、2回目の今回もおじゃましてきました。自己紹介でブログの話をしたので、見にきてくださった方もいるかしら。

「引きこもり女子会」当日の様子ですが、前半と後半に分かれていて、前半は主催者の林さん・恩田さんのお2人が引きこもりになるまでにどんなことがあって、どのような経過をたどって外に出られるようになったのか、話してくださいます。

前半部分は第1回・第2回ともに同じ内容ということだったので、今日は後半の懇親会から参加してきました。

後半の懇親会は、第1回目はみんなで輪になって、簡単に自己紹介しました(話したくない人はひと言も話さなくてOK)。

2回目の今回は、「東京」「神奈川」「千葉埼玉」「地域関係なし」という4つのエリアに分かれて、グループごとに自己紹介をしたり、隣の人と話したり。やはり、話したくない人は一言も話さなくてOKというスタイルでした。一人ぼっちでポツンとしている人は見かけなかったかな(自主的に外に出た人はいたのかもしれません)。主催のお二人も時々回ってきてくれて、最初はやはりみんな緊張してた感じがあるけど、最後は会場全体がガヤガヤと賑わっていました。終了後に連絡先を交換する人の姿も見かけましたよ。(私は急いでいてすぐに失礼しました)

1bbf3e21692c9d5abe8b2dd9be7d5fe2_m

参加費は200円。懇親会の時間は、各テーブルに少しお菓子も用意されていました(写真はイメージです!笑)。飲み物は各自持参。会場に自販機があるし、すぐ近くにコンビニもあります。

お一人で参加されてる方がほとんどだけど、親御さんと一緒に来る方もいらっしゃいました。ご家族に途中まで送ってもらった、入り口まで付いてきてくれたって方もいました。

しかしですよ。前回も30人以上の参加者がいらしたんですが、今回はなんと80名を超える方が集まっていました。新幹線に乗って参加したという声もちらほらと。

前回は、私もそうだったんですが、引きこもり当事者への取材を長年にわたって続けている池上正樹さんというジャーナリストの方の拡散や、女装する東大教授、安冨歩先生のツイートを見て来たという方もいたかな。そして第1回の時の様子がyahooニュースになったことで、今回はさらに輪が広がったみたい。

その時の記事はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000005-withnews-soci

第1回、第2回、ともにマスコミの取材の方もいましたが、勝手に写真を撮られることもないし、一切写真にうつりたくない場合は外れることができます(前回は了承した方のみ、後ろ姿の写真撮影あり。今回は写真撮影はなかったはず。前半の様子はわかりませんが)。記者さんに話しかけられたくなければ合図すればいいし、無理強いしたりNOと言えない雰囲気はありません。

渋谷まで来られるなら引きこもりではないのでは?と思う人もいるかもしれないし、実際来られない人もいるだろうし、当日になって「やっぱり外に出られない」って人もいたでしょう。今回なんて前日は台風で、当日も雨。気分は天候に左右されやすいので、出かける直前まで悩んだ方もたくさんいると思います。

そんな中80名の方が集まったってすごいですね。仲間が欲しい、ネット上だけじゃなく、自分と同じように苦しんでいる人が存在することをリアルに感じたい、気持ちを共有できる人と喋りたい・・・色んな気持ちがあってのことだと思います。そして一番は、女性だけの集まりというのが参加しやすい、嬉しいんですよね。

私自身、自己紹介で簡単に書いてありますが、男性からの性暴力を受けています。この話は、私の場合ちょっと変わった経験をして一言では言えないんですが、いつかちゃんと書けたらと思っています。それから、父親の怒鳴り声を聞き続けていて、密室で男の人に大きな声を出されるのが怖かったり(悪意の有無は関係なくて、大きな笑い声がこわい時もある)。その他、過去に自助グループに参加して付きまとわれたり、嫌な思いをしてきた人もいる。

私はうつ病と診断されてから20年が経っています。ミーティング、作業所など、鬱が特にひどかった20代はいろいろ参加したけれど、思い返せば男性がいる集まりにはほとんど行ったことがありません。

一時期ネットのオフ会に参加してたけれど、なんというか……男性の鬱や対人恐怖の人の中には、本当にごく少数なんだけれど、ものすごく思い込みの激しかったり、自分の意見を強引に押し通したり、「どうしてですかっ!」とか激高したように詰め寄ったり、周りを巻き込んで変わった発言・行動をする人がいました(本当にごく一部の方ですよ)。女性の集まりでは見られないタイプの人です。男女で集まるのはもちろん良いこともあるでしょうが、恋愛感情が芽生えたり、特有の問題が出てきますね。

b50915880dc60d1feff63605930de36a_m

引きこもり女子会の自己紹介でもお話ししたんですが、私は全く外に出られない引きこもりが明けてから13年が経っています。いろんな経験もして、今どっぷり「引きこもり」という感じではないですけど、じゃあ元気かというとそうでもない。

先週は天気が悪かったせいか調子が上がらなくて、実は前日6日ぶりにお風呂に入れて、「引きこもり女子会参加したいし頑張ろう!」って参加しています。体調が悪くなるとお風呂に入るのがすごく辛くなってしまって、鬱仲間でもそういう話はよく聞いたし、健康な人の中にもそういう人っていますよね(ただ単に汚いのではないと思ってます)

私には子供がいて、子供だけはシャワーさせたりするんだけど、何日もお風呂に入らないで子供を保育園に送迎したりするのは本当はすごく辛いです。もう、生き恥を晒しているような気分。それでも子供を産む時に

「自分が身支度ができないって理由で、子供を外に連れ出さないのはやめよう」

って決めて。恥をおして出かけるようになったら、外出のハードルがずいぶん下がりました。3日お風呂に入らないですっぴん眼鏡でも、駅前のスーパーくらいは行けます。「まだ3日目だし」みたいなねw 元々が「きちんとしなきゃ」が強いタイプです。

みんな、すごく勇気を出して、怖いって思いを超えて、乗り物に乗って来た方がたくさんいるだろうなと見ていました。20代の頃にいろんな状態の鬱の女性と接してきせいか、口に出さなくてもその方の体調が大体わかったりします。なので、本当に、皆さん頑張って来たんだなあって思いました。

引きこもり女子会レポートでした。

今日参加された方や、次回(9月末の予定だそうです)参加してみたいけど様子を詳しく聞きたい等あったら、気軽にコメント欄に書き込んでください。コメントは承認制なので、私が読んだ上でアップします。メールアドレスは本人確認のために記入制にしていますが、公開されることはありません。twitterもはじめました。→アカウントはこちら

うまい文章は書けませんが、アクションすることに意味がある!という思いでブログを始めました。「引きこもりのままでお金を稼ぐ」方法にも挑戦していて、月収¥3,000〜最高¥70,000(これは1回のみ…)という所です。よかったら、また遊びに来てください。