ブログ

毒親を看取るということ。

毒親の死

久しぶりのブログらしいブログ。
 

今回の文章は、父が亡くなった昨年の夏に、フェイスブックに投稿したものを修正して掲載しています。
 

父は介護らしい介護をする間もなく亡くなったので、今回のお話は介護のことではありません。
 

ツイッターでも書いたのですが
 

父が亡くなる前、最後に病室を出るときかけた言葉が
 

「お父さん、ありがとう」
 

でした。
 

アル中だった父。
一晩中死ねと叫ばれて、記憶喪失になり、引きこもりになったこと。
母に背を向け、私たちに母を押し付けていたこと。
 

それは、父と私や家族人生の中の、ほんの1ページだったのです。
 

他のページには、
 

家族のために一生懸命働いてくれた父
自分が貧乏をしたから、子供には一流のものを与えてくれたこと
疲れればおぶってくれた背中
面白いことと新しいことが大好きで
家族全員が生まれて初めて見たCDをパッケージから外せずに叩き割ろうとしたしたこと
 

当たり前に思えた
皆が笑い合った
日常もあったのです。
 

私が父に最後ありがとうと言えたのは、
 

このサイトで「私もやってみる。みんなもやってみよう」と語りかけていたから。
 

宣言したからにはやらねば、とかけた言葉が、別れの言葉となりました。
 

そして私の行動は、思わぬミラクルを生んだ、ような気がするのです。
 

よかったら、読んでみてください。

父の死、花の咲く庭

毒親の死

父が亡くなり、四十九日の法要をしてきました。
 

我が家のお墓は、**寺にあります。祖母が亡くなる前に「富士山が見える場所にお墓を建てて欲しい」と言ったことからできたご縁です。
 

今ではお寺と檀家の関係なんて無くなりつつありますが、ウチの家族は案外ご住職さんに、それぞれが悩みを打ち明けながら来ました。
 

私は祖母亡き後(亡くなったのは中学生の時です)大きな後悔をして、ひとり悩んでいました。ひどい嫁姑の争いがあり、母が祖母をとても嫌っていたため、祖母の話は禁句のような所があり、祖母亡きあと一度も思い出話をした事がありません。
 

しかし、母が嫌ったからといって、自分も祖母に優しくしなくて良かったんだろうか。
 

戦争を生き抜き、働く女性として褒賞をもらうほど頑張った人だったのに、5人家族の中で、祖母は孤独な晩年を過ごしたのではないだろうか。そんな懺悔を、二十歳のころ聞いて頂きました。
 

この時の後悔があったので、父が亡くなる前に、いま自分が出来ることはみんなして別れようと思っていました。それでもなかなか感謝を口にするのは難しく、口にする事で父が「もう別れの時なんだ」と生きる力を失うのではないかとも思いました。
 

さいごは突然亡くなって死に目には会えませんでしたが、最後に病院を訪れた時、父の手を握って「お父さんありがとう」と言って部屋を出たんですね。私が話しかければ必ず反応をしていたので、声は届いたはずです。
 

その数日後、突然起き上がっておしゃべりを始めた父が、姉の手を取って「ありがとう」と言ったのだそうです。
 

父は、社会人としては立派な人でしたが、家庭人としては破天荒な所がありました。
 

私は自分でわだかまりを解消したし、母は夫婦なので迷惑はお互い様とも言えます。
 

ただ、姉は最後まで父を嫌っていました。相当の理由があるのです。なので、父が姉にお礼を言ったことは、自分が言われるより嬉しかったです。亡くなる前日のことでした。
 

四十九日は家族のみで行いました。
 

「私」と「母と姉」の間には目に見えない壁があって、私は2人の話を聞く事はあっても、自分の心の内を話す事はあまりありません。2人だって、私に深い打明け話をするわけではないでしょう。
 

それが、ご住職さんを挟む事で、父について色んな話が出来たのが良かったです。
 
 
20代の頃、私は実家を伏魔殿のような場所だと思っていました。本当に色んな事があったのです。けれど実家は比較的裕福だったので、色んな経験をさせてもらいました。
 
 
キチンと教育を受けられた事。

色んな国に連れて行ってもらった事。

春は梅と桃、木蓮や球根の花が咲き、初夏は紫陽花のほか、庭のシソで母が梅干しを漬けてくれました。あれ以上の梅干しには出会った事がありません。

夏野菜は1日で信じられない大きさになり、

秋には柿が実る。

それを家族で収穫して庭に吊るし、

冬に干し柿にして食べる。

一年中青さを保つ松や垣根が目を楽しませてくれる。

それは誰もが経験できる事ではなく、本当に感謝すべき事でした。

振り幅が大き過ぎただけで、愛はあったのだと、振り返りました。
 
 
写真はお寺の中にある池で、、実家ではありません笑 色々あって、今は小さな家で、母や姉たちが暮らしています。皆が元気なら充分です

***

最初に書いたミラクルとは、父が姉にお礼を言ったことです。
父は重度の精神病になった姉にひどい言葉をかけ、亡くなる数週間前にも、母や姉を否定するような小言を言っていました。
 

父は私には多少素直なところもあり、私の記憶喪失とお酒に関しては、少しは反省していたようでした。一度も父を責めず、最後にお礼を言ったことが、父が姉に感謝を伝えるきっかけの一つであったなら、こんな嬉しいことはありません。
 

思い出話に付き合ってくださり、ありがとうございました。

毒親,自立
父親が嫌い・母親が嫌いを乗り越えると人間関係がうまくいく?「鏡の法則」〜嫌いな人の倒し方②前回の記事で、嫌いな人や過去の辛い経験を乗り越えるためには「相手を許すこと」だと書きました。 とはいえ、ずっと憎んできた人を許...