ブログ(うつ主婦編)

【脱どん底日記】2016/8/15-21 週間日記

体調と天気はつながりがあるように思う。その日の天候も書いていく。

8月15日(月)くもり

*できたこと*

・子供と2人で八景島シーパラダイスに行った
(無料の水遊び場と花火)
・帰宅後ちゃんとシャワーを浴びてから就寝

*反省*

・お出かけ前後でイライラして、「〇〇しないでよ」という表現が多くなった

お盆。

そういえば、実家とはずいぶん連絡を取ってない。昨年までは2ヶ月に1度くらいは実家に顔を出すようにしていた。今年は無理して連絡はしない。実家の姪も受験生だし、向こうも変にリズムを崩されるよりいいかもと考えるようにしている。

実家とは生存確認さえできていて、姪との連絡手段が途絶えないよう、絶縁だけはしないでいようと思っている。ケンカはしていないけど距離がある、これが一番心地がいい。時々「優しい親がいて、子供を連れて実家に帰れたらなぁ」と考える。幻想を追いかけても仕方ないので、すぐに考えるのはやめるけど。

娘から「夏の間に八景島のちゃぷちゃぷ池に行きたい」とリクエストされていた。お盆期間は花火が上がるし、行ってみようと朝決める。しかし、体がだるくてなかなか動けない。もともと涼しくなってから行動しようと思っていたけれど、どんどん遅くなって、結局シーパラダイスに着いたのは17時前だった。

一緒に遊んであげる元気はないので、池をウロウロする娘をじっと見ている。若いお父さんが子供と池に入っているのを見るとえらいなあと思う。兄弟で楽しそうに遊ぶ姿を見ると、ひとりっ子で親も遊んであげられないし淋しいかな、とも思う。でもそれは一瞬のこと。一人遊びが上手になって、強く生きていって欲しい。同じように見ているだけの親の方が多くてホッとする。娘も時々わたしに話しかけながら楽しそうに遊んでいた。

その後ゲームセンターに移動。今日は「お金は500円しか使わないよ」と伝えたら「遊園地ではなくゲームがしたい」とのこと。300円でコインゲーム、200円で乗り物に乗っていた。ちゃんと商品を手に入れて嬉しそうだった。

簡単に夕食を食べたあと、花火を待とうと思ったが、硬い床に座って30分待つのは嫌だということで駅まで歩いた。駅前に着いたところでちょうど花火が上がる。これで充分。帰りに夫にとんかつを買って帰る。汗でベトベトだったので、シャワーをしてベッドに入ったのは10時半過ぎ。いい時間になってしまったけれど、楽しかったので良しとしよう。子供の希望を叶えてあげると満足する。義両親から「お盆に」といただいたお金を使った。好きな人達でもないけど助かった。

8月16日(火)くもり

*できたこと*

・どん底ちゃん:1記事投稿

*反省点*

夕方から猛烈なダルさ。
子供に向かって「出来ない」ばかり口にした。

前日は夕方から短い時間の外出だったからか、あまり疲れなかった。体のダルさは早朝覚醒のためだと思う。ゆっくり眠れたのは日曜日だけ。昨日からまた3時間睡眠。目が覚めたとき、携帯電話に触っちゃダメと分かっていながら、手が伸びてしまう。

「スマホに依存するくらい大したことじゃない」と考えるようにする。何かに依存するのを恐れるより、ひとつの事に依存せず、たくさんの依存先を持つのが大事

8月17日(水)晴れ

*できたこと*

・電話の解約手続き
・保育園の支払い督促状発見

*反省*

・お金のことでかなり落ち込む

やらなきゃと思いながら放置していた事のひとつに、自宅の光電話の解約手続きがあった。もう2年も放置していて、月に500円ほどを支払っていると認識していた。それとは別に、数ヶ月前から紙で請求書が届くようになったクレジットカード明細があって、覚えがない引き落としが毎月6,500円あることに気づいた。手続きする元気がなくて、数ヶ月見ないふりをしてきたが、もしかしてこれは電話料金かもしれないと思い当たる。

確認すると思った通り。なんと2年間も、使ってない電話回線に毎月6,500円を支払っていた。解約料が別に1万円。時々、残高不足で保育料の引き落としが上手くいかないのはこのせいだったのか。さらに、引き落とせなかった先月分の保育料の督促状を発見。

いま家にはお金がなくて、収入を支出が上回っている。お金のことで悩みすぎて、昨年は突発性難聴にもなった。夫と話し合った事もあるが、ケンカになるだけ。見栄っ張りで、ローンが家計を圧迫している事を認めたがらない。私が身を削って節約するのももう無理。悩んでお金が増えるわけではないので、自転車操業で家計を回している。いつもは開き直っているが、久しぶりに頭の中が「死にたい」でいっぱいになった。正確には「逃げたい」。今日で無駄が解決したんだ、と夜に気持ちを切り替える。

8月18日(木)曇時どき雨

*できたこと*

・保育料不足分支払い
・1日記事を考える
・夜ごはんをちゃんと作る
(ごはん・コールスローサラダ・焼肉・がんもと小松菜の味噌汁)

*反省*

・無理して夜ごはんを作ってイライラ

久しぶりにちゃんとした夕食を作った。夫が休みで自宅にいたため何となくキチンとしたメニューを出さなければいけないと思ってしまうのと、前日のお金の不安から惣菜は買いたくないと考えたのと、自分も朝から食欲がなくアイスしか食べていなかったので、夜はしっかり食べたかった。保育園のお迎え後、たったこれだけの品を1時間半かけて作った。

食材は義両親がこの前届けてくれたものを利用する。春にいちどお金を貸してもらって以降、気にして時々食材を届けてくれる。息子がお金にルーズだと自覚していて、甘やかして育ててごめんなさいねと言われたこともある。以前は夫の代わりにひとりで義両親に親孝行をしていた。自分で言うのも何だけど、すごく良い嫁だったと思う。今は無理は止めた。特別なことはしないけど、何かしてもらえば「ありがとう」と伝える。

体調が悪いと脳の回路が混線して、とにかく料理がうまくいかない。料理って、小さい判断の連続。作るか、買ってくるか、そこさえまともに判断できない。料理中に混乱しないよう、1品ずつ作るようにしているので時間もかかる。1時間半、混乱する脳を無理に働かせて作るので、作り終わるとぐったり。お金があったら間違いなく家事代行を利用する。

うつ病の奥さんがいる家庭は「元気になるまで妻に料理を担当させない」と決めてしまうのがオススメですよ。妻が料理が大好きで「どうしても元気な時は作りたい」というなら別だけど。でも、どんなに料理が好きな人でも、うつ状態がひどい時の料理は辛い。でもムダなお金がかかるから、自分からは言い出しにくくて可能なかぎり我慢してしまう。そして気づいたらものすごく体調が悪くなってしまうのはアルアル。

料理に限らず、仕事や毎日の暮らしでも言えることだけど、口で言わなくても自分の体調不良が伝わるシステムがあったら嬉しいな。例えば体調を表す紙を置く。

・赤い紙・・・体調良い
・青い紙・・・体調悪い
・緑の紙・・・微妙

私は「具合が悪い」とか「出来ない」と言葉にするのがすごく苦手。メンタルの病気になる人には多いんじゃないかな?で、「緑の紙」状態の時に本心から「無理しないで」「むしろお願いだから休んで」と言ってくれる人がいるのが、理想的なサポートって気がする。

人の気持ちを読むのがうまいから、本心は違うと感じ取ると「やっぱり頑張れるかも」と言ってしまう。今の私と同じように周りのサポートなしで体調不良と戦う場合は、「微妙な状態の時に頑張るのか休むのか」の判断ができるようにすべきなんだろうな。可能なら「微妙」な時は全て休んでしまえばいい。

私がネットで稼ぎたい理由も、一番はここ。自分の体調が悪い時に休める環境を作りたい。当たり前のことな気がするけど、日本で会社に勤めたら難しい。海外だと国によるのかな?

「晴耕雨読」という言葉を目にして、素敵!と思いを馳せる。時々、自給自足生活について考える。今の私では根性がなくて無理だろう。子供もひとりぼっちにしてしまいそうだし。でも、いつか自分で作物を育てる暮らしがしたい。

8月19日(金)曇時どき雨

*できたこと*

・どん底ちゃん 1記事アップ
・ポイントサイト登録
・悩まず夕食作りを頑張らなかった
(ごはん・前日の残りの味噌汁・ウィンナー・冷凍のしらす・夫には別で冷凍餃子を焼く)

*反省*

思い出せない

記事を更新したあと、言葉と感情があふれて頭も心もパンパンになる。やりたくてしている事なので、続けてみる。

金曜日は1週間の中で一番ホッとする。子供を保育園に預けているのもあって、平日は「仕事をすべき時間」という感覚がある。たとえお金につながらなくても、休んでいては許されないように感じる。好きなことをしているつもりだけど、無理もしている。

自分のしていることが誰かの役に立っていると実感できて、日常を楽しめて、オンオフの切り替えがうまくなったら、金曜日だけじゃなくて毎日が楽しくなるかな。「あー楽しかった」って日記が増えるといいな。

8月20日(土)雨のち曇

先日地上波でテレビ放送していた「コクリコ坂から」を娘と観る。1日頭も体もぼーーーっとしていた。子供に炭水化物ばかり食べさせて終わった。気持ちをゆったり持とうと決めて、子供を怒ることはほとんどなかった。

何もできなかったが、受けとめた1日だった。

8月21日(日)くもり

夫と娘が揃う日は気が重い。
以前は関係修復を望んでいた夫だが、最近はまた諦めたようで、私の行動や態度が気に入らないのか常に不機嫌そう。私も辛いし、彼も辛い。お互いさまだ。リビングにいると空気が重いので、なるべく寝室で過ごす。

夫婦は話さなくなったら終わりだ。お互いの頭の中で「こうに違いない」という勝手なストーリーができて、相手への不満でいっぱいになってしまう。

今週はずっと早朝覚醒が続いて、すっきりしなかった。

それでも、何人かのアフィリエイト仲間から「元気?」とか「アレ教えて」とメッセージをもらった。自分を気にかけてくれる人がいるのは嬉しい。体調が悪いと答えたら「年齢のせいかもよ」と返してくれる年上の女性がいた。40代とはそういうものらしい。これまで体調が悪い原因は鬱しかなかったけど、この年齢になるとそれだけじゃない。原因探しをやめて、いま自分に出来ることは何かを考え、行動にうつす。病気に限らず、困難を乗り越える方法はそこに尽きると思う。

支払いのために貯金残高を確認したら3万円だった。児童手当はどこへ行ったのか。先月まではもう少しお金があったはずなんだけど。夫にクレジットカードを渡してお金の管理をしてもらおうかと、しょっちゅう逡巡している。

来月の支払いはどうなるんだろうとグルグル考えていたら、大事なものを入れている場所から3万円が出てきた!ラッキー!私にはADHD傾向があって、短期記憶が弱くて忘れ物と無くし物が多い。最近はこうして困った時にお金が出てくることもあるから、それでいいと考えるようになった。

《先週立てた目標のうち出来たこと》

・ポイントサイト登録
(これについては今度まとめる)
・Googleアドセンス設置
・出来るだけ記事を書く
・なるべく自炊

《次週頑張ってみること》

・2日に1度記事アップ
・もっと気軽に更新
・音声入力に挑戦
・Twitter開始
・ポイントサイトについて調べる
・引き続きなるべく自炊

今週が終わった。
今日も無事に生きている。
娘も笑っている。
花火も見たんだった。
よくできました。